腸内フローラの検査方法は?緑茶が効果的だということがわかってきた。

最近話題の健康法の一つでに腸内フローラの改善がある。腸内フローラとは腸内環境の重要性が最近科学的にわかってきたことによって言われるようになってきた言葉である。腸内フローラを改善するには、緑茶も効果的だとわかってきた。その腸内フローラを検査することができるということだ。

スポンサードリンク

腸内フローラの調べ方・検査方法は?

腸内フローラとは、腸内の細菌群のことであり、腸内フローラを改善するというのは、腸内の細菌たちのバランスを整えてあげることを意味する。善玉菌だけでも、悪玉菌だけでもだめである。細菌たちは相互に影響しあって腸内環境を整えているのであり、細菌たちがバランスを失った時に体調の変化が出てくるという。これは身体だけでなく、精神のほうにも多大な影響をあたえているということがわかってきた。腸内フローラを整えれば、身体的にはダイエット効果、精神的にはうつ病予防改善になるという。

では、その腸内フローラの状態の調べ方、検査方法はどのようなものだろうか。腸内フローラの検査方法をフローラチェックという。これは、便中に存在する腸内細菌の遺伝子を検査することで、腸内フローラの状態をチェックするということだ。

善玉菌 のビフィズス菌、乳酸菌、日和見菌のバクテロイドやプレボテラ、悪玉菌のクロストリジウムなどの割合を調べて、判断する。

ただこの費用は保険がきかないため高額になるという。25000円ほどのような。健康と引き換えの25000円なら安いのかもしれない。

スポンサードリンク

腸内フローラには緑茶!

腸内フローラのバランスを整えることに緑茶が有用であることがわかってきた。緑茶の中の成分であるカテキンである。

カテキンは、善玉菌を増やしたり悪玉菌を減らすということを直接できるわけではない。しかし、カテキンの殺菌効果によって腸内の悪い菌が殺菌されることで間接的に善玉菌が増加するという効果がある。

日本人は緑茶を好んで飲んできたが、これは体内の調子を整えることを本能的にわかっていたのかもしれない。

緑茶カテキンは、歯周病や、肺炎、心臓疾患、糖尿病などにも効果的であるという研究結果がある。他の病気を防ぐためにも緑茶の摂取は重要であると言えそうだ。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top