台風11号(2015)の進路、米軍予想!7月15日現在で西日本直撃へ

台風11号(2015)の進路、米軍予想!7月15日現在で西日本直撃へ

現在、台風11号12号が日本列島に近づいている。
その中でも台風11号が、日本列島に直撃し、特に西日本に向かって接近している。
四国や関西に住む方々は、これからの台風の進路、上陸の日にちにはくれぐれも気をつけていただきたい。


台風11号(2015)進路・米軍予想!

今回の台風11号は、7月15日現在で日本に上陸する予定である。
現在は、四国から中国地方へ上陸すると思われているが、台風の進路は東寄りになると考えられる。
そのため関西の方に上陸する恐れもある。

また東に進路をとれば、東海・関東地方などでも大荒れの天気になるおそれもある。
今後の台風の進路には注意が必要である。

今回の台風の進路の、米軍のレーダーによる予想は以下の画像となっている。

wp112015.15071418

この画像を見ている限りだと、四国・中国地方に台風が上陸する予想だということがわかる。
四国などの海岸沿いでは、今週は心配のタネはつきないことだろう。

ただ台風の進路は、台風の気圧の変更などに影響で、進路が西にずれるおそれもある。

いずれにせよ今後の台風の進路からは目が離せないだろう。


台風11号の勢力の現状とお年寄りの心配

気象庁の発表によると、7月15日現在で大型で非常に強い台風ということだ。
中心の気圧は945ヘクトパカル、中心付近の最大風速は45メートル
最大瞬間風速は、60メートル。

大東島地方や小笠原諸島では、この台風の影響で大しけとなっているということだ。

日本の気象庁の予想では、台風は米軍の予想よりも西寄りの進路になっている。

台風の上陸による避難経路などの確認が、今後必要となる人達が多くなるのは間違いないであろう。

台風になると何故か外に出たくなる衝動にかられるお年寄りが多い。
日頃手入れをしている田畑が荒れてしまうのが非常に心配なのであろう。
その気持はわからないでもない。

しかし、今回の台風は大型であり、お年寄りが外にでることは命を失う恐れが高い。
後先考えること無く衝動的に外に出て行くお年寄りが多いため、事前に外に出ないような配慮をしていく必要がある。

遠方に住んでいるひとは事前に電話をして、決して外にでないようにと釘をうっておくべきであろう。
それでも外にでてしまうのが、お年寄りの性なのであろうが。。


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top