イケメン過ぎるゲンバ男子として製造現場の男子に注目!3KのKはかっこいいのK

去年の夏くらいから、イケメン過ぎるゲンバ男子として、製造業の工事現場で働く男子に注目が集まっている。

製造業の工事現場といえば3Kと言われ、キツイ、キタナイ、キケンと言われ嫌厭されやすい職業という認識が一般的である。

しかし、それはゲンバ男子の実際を見ていないところからくる偏見も多く入っている。

ゲンバ男子の写真をみると、そんな偏見が間違いなく和らぐだろう。

スポンサードリンク

イケメン過ぎるゲンバ男子たち!3KのKはかっこいいのK

中小企業の製造業の男性がどういう人がいるのか知らない事が多いだろう。

それは、そのような場所に就職することが3Kとして嫌がられることなどから、あまり注目を集めなかったとも考えられる。

キツイ、キタナイ、キケンと言われ嫌厭されていた製造業の男子に、いま注目が集まっている。

それらの人は「ゲンバ男子」と言われ、特にイケメン過ぎるゲンバ男子としてテレビにも取り上げられるほどだ。

よくよく見てみると、確かにイケメンがおおい。

まず製造業は日本の経済を支えてきた場所である。

日本を下支えしているという点でもとても凄いではないか。

高度な技術をもって製品を作り上げる姿が、職人としての魅力がある。

一点集中する姿は、プロフェッショナルとしてのプライドを感じさせる。

また肉体のたくましさである。

デスクワークでひょろひょろのサラリーマンよりも野性的な魅力がある。

よくよく見てみれば、とてもかっこいいではないか。

3KのKは「かっこいい」のKの間違いではなかったか。

個人的には3Kなんて勝手にレッテルを張っていただけではないかとも思われる。

イケメン過ぎるゲンバ男子たちを見ると、そんな気がする。

最近では価値の多様化がすすんでいる。

これまでの価値観を変えるべきときだろう。

ゲンバ男子としてこれからも製造業の魅力を伝えていってほしい。

ゲンバ女子もいるよ

そういえば、製造業にはゲンバ女子もいる。

わたしの祖母は過去ゲンバ女子であった。

ゲンバ女子というのは、非常に真面目な印象がある。

もくもくと働くのである。

そして女性ならではの丁寧さがある。

そんなゲンバ女子にもこれから注目が集まるだろう。

しかし、中には厳しいゲンバ女子もいるようだ。

真面目に働き、自己に厳しいからこそでてくるゲンバ男子への厳しさだろう。

 

ゲンバ男子よがんばれ! 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top