物理的距離で心理的距離を越えよう!社会的距離の内側の恋愛を目指す

男が女を落とすとき、まず越えないといけないのが、物理的距離だ。

物理的距離が遠ければ遠いほど、あなたの言葉は届きにくくなる。

あなたの言葉が届かなければ、お互いの心理的距離は縮まらない。

やはり、物理的距離と心理的距離は密接な関係があると思って間違いない。

距離が近ければ近いほど、言葉が届かなくても思いが届くようだ。

相手に自分の思いを届けるとき、相手が自分に好意を向ける距離、
それは社会的距離な距離を超えた所にいある。

今日は、物理的距離、心理的距離、社会的距離についてのお話である。

スポンサードリンク

物理的距離と心理的距離と社会的距離

人は、1人では生きていけない。
みんなお互いに関わりあって、ぶつかったり、触れ合ったり、いい感じの距離を取りながら生きている。
その距離は、体だけでなく、心の距離も同じだ。
心理的な距離感にも気をつけながらの生活をしている。

そんな物理的距離と心理的距離には深い関係があるということをアメリカの文化人類学者エドワード・ホール氏が提唱していることを紹介しよう。
このエドワード・ホール氏の言っていることは、恋愛においてとても参考になることだからだ。

エドワード氏によると、相手との距離感には4通りあるという。

1.密接距離(0から45cm)
2.個体距離(45cmから120cm)
3.社会距離(120cmから360cm)
4.公衆距離(360cm以上)

物理的にこの距離に入ると、それぞれ相手との心理的距離に影響がある

この4つの距離があるのだが、1,2,の距離、つまり個体距離と密接距離というのは、
別名、パーソナルスペースと言われる。

このパーソナルスペースに入ることが、恋愛においてとても重要である。
それはパーソナルスペースというものがどういうものかをよく知れば理解できる。

パーソナルスペースとは、人間が他の人間に対してストレスや、居心地の悪さを感じたり、
心を許したり、恋愛に発展しやすい距離である。
密接距離、個体距離は、すぐに手が届いたり、体が触れやすい距離である。
だkら当然、相手も身構える距離となるのである。

あなたが相手を落としたければ、パーソナルスペースに入れるよう努力しなければならない。
もちろんいきなり相手のパーソナルスペースに侵入すれば、不快感を与えるだけである。

いかに、相手に気分よくパーソナルスペースを開けてもらうかが重要なのだ。

スポンサードリンク

パーソナルスペースはインファイトボクシング

あなたはもしかしたら、女性との距離を近づくことを苦手としているかもしれない。

女性との距離を詰めるのに、自信がない。
嫌われたらどうしよう。。
できれば向こうから近づいてきて欲しい。
自分は常に距離をとって相手を待っている。

こんな状況の人も沢山いるだろう。
こんな思いでいる人をわたしは沢山見てきた。

しかし、私の経験上、というか恋愛を成就させるには、ボクサーのような戦いが待ち受けている。

ほとんどの男性は間違いなく
『インファイト』をしなければならない。
アウトボクサーではいられないのだ。

インファイトというのは、相手の懐に潜り込んで殴りあうのである。
アウトボクサーは相手の距離をうまくとりながらカウンターやジャブでリズムをとるボクサーである。

恋愛においても、ボクシングにおいてもそうだが、

いつかは必ずインファイトが強いられる。
アウトボクシングだけでは、よほどの実力がなければ、相手は倒れない。
インファイトの中で相手にダメージを与えなければならないのだ。

インファイトは冷や汗の連続だ。接近戦だ。目の前で殴られる。
それでも前に出て行く勇気が必要なのだ。

恋愛で言うなら、あなたはいつか相手のパーソナルスペースに入らなければならない。
パーソナルスペースに入れば、あなたの嫌な部分も良い部分も丸見えだ。
相手の女性から辛辣な言葉をかけられる可能性もある。
相手がさらに距離をとるかもしれない。

しかし、このパーソナルスペースに入らずに相手と仲良くなるには、時間もかかる、技術も高い。
あなたはこの技術を身につけているうちにきっとおじいさんになっているだろう。

だからあなたの考えを変えなければならない。
パーソナルスペースで勝負をかけよう。
あなたはインファイトするボクサーだ。
そのための準備をするだけだ。

パーソナルスペースに入るためにどのような準備が必要か。
しっかり考え、工夫して頑張ってもらいたい。

健闘を祈る!

恋愛指南役
しょーた

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top