爪もみで自律神経・特に副交感神経のバランスを改善!男性の慢性的な疲労を取り除く

最近自律神経のバランスが崩れることで、身体に異常が出ている人が多ということだ。
自律神経というのは、交感神経と副交感神経があり、自分の意思では思い通りに調節できないと言われる機関である。

最近では交感神経が優位になり、副交感神経とのバランスが崩れ、身体に様々な症状が現れているという。
とくに慢性的な疲労を感じている人は、自律神経のバランスが悪いことが原因である場合がある。

そこで副交感神経の働きをよくし、自律神経のバランスを整えるための爪もみの方法を紹介する。

スポンサードリンク

爪もみで自律神経のバランスを改善!その方法

爪もみとは、爪の生え際の左右を押す、という方法である。

指の第一関節から、爪のにむかって指先で辿って行くと、急に細くなる部分がある。

そこを強めに押す。ちょっとくらい痛いくらいがいいようだ。
実際には専用の針などで刺激をするということだから、爪もみをしていてもあまり効果がないという場合には
爪もみ専用の道具を使ってみるのもおすすめである。

爪もみの時間は、10秒程度、症状が気になる部位なら20秒程度爪もみをするといい。

1日の回数は2~3度を推奨されている。

薬指は副交感神経を活発にさせるため、押さないことを勧められている。

スポンサードリンク

爪もみの効果

ちなみに、指によって以下のような効果があるという。

親指
アトピー性皮膚炎、 セキ、 ぜんそく、 リウマチ、 ドライマウス、 円形脱毛症、 がん
…など

人差し指
潰瘍性大腸炎、 クローン病、 胃・十二指腸潰瘍、 胃弱
…など

中指
耳鳴り、 難聴

小指
脳梗塞、 ボケ、 パーキンソン病、 物忘れ、 不眠、 メニエール病、 高血圧、 糖尿病、 肩こり、 腰痛、 老眼、 動悸、 頭痛、 腎臓病、 頻尿、 肝炎、 手足のしびれ、 肥満、 生理痛、 子宮筋腫、 子宮内膜症、 更年期障害、 顔面神経マヒ、 自律神経失調症、 不安神経症、 うつ状態
…など

引用:ブログ カラコロキレイより

このように見てくると、なんだか凄い効果が期待できそうだが、あくまでも参考程度にしとくべきだろう。

爪もみの効果は日頃不活発な副交感神経の活動を促し、自律神経のバランスを整えるところにある。

これまであまり注目されていなかった自律神経のバランスを調節することで、慢性的な疲労などの改善が見込まれる。

慢性的な疲労で悩んでいる人はやってみる価値があるだろう。

爪もみなので、いつでもどこでもできるというのが嬉しいですね。

ヘルスケアの看板娘

みほこ

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top