寝酒のワインは逆効果!男たちの睡眠を妨げる寝酒を止める方法

寝酒のワインが楽しみ♪
そんな人も多いだろう。

寝酒をすると寝付きが良くなる。
そんなことを口にしたり、誰かから聞いたりしないだろうか。

きっと1日の緊張が、アルコールの力を借りることでほぐれるため、
眠りに入りやすいと思われる。

しかし実際のところ、医学的にはそうではないようだ。
医学的に言えば寝酒は深い睡眠の妨げになるという。

 

スポンサードリンク

寝酒のワインは逆効果!アルコールが男たちの睡眠を妨げる理由。

寝酒のワインが美味しい。
私の友人はいつも言っている。

しかし、これが医学的には、男たちの睡眠を妨げているというのだ

「お酒を飲むと一見眠りに誘われる感じがしますが、それはレム睡眠の浅い眠りで、本当に必要なノンレム睡眠の深い眠りには至らないんです。さらに飲み過ぎた場合は、脳が興奮状態になり、それに伴い脈拍数が上がって、どんどん眠りが浅くなってしまいます。
寝る前にお酒が体に入ると、睡眠中に肝臓をはじめ、消化器系の臓器がアルコール分解のためにフル稼働になり、体が全く休まりせん。脳も体も回復することなく翌日を迎え、アンチエイジングホルモンの分泌も減ってしまいます」

引用:ヤフーニュース

確かに、飲み過ぎた時の朝の倦怠感は半端ない。
お酒を飲まなかった人のほうが私の場合、睡眠の質が高いのがわかる。

では、なぜ睡眠の質が悪くなるにもかかわらず、寝酒をしてしまうのか。

それは、寝酒をすると寝付きはよくなるからだ。

たとえば、朝から晩まで接客のバイトをしていると、夜寝るときにもそのことが思い出されて眠れない
また、車を1日中運転する人だったら、エンジン音が耳から離れない。
こういった状態にあるようだ。

この理由は、日中の緊張状態が夜にも解けないところにある。
そのため、睡眠を取ろうにも、眠れない。
眠れないから、睡眠時間が少ない。

それなら、アルコールの力を借りてはやめに寝たほうが、たとえ睡眠の質が落ちても睡眠時間は長く、眠ったことになるようなのだ。
アルコールの力を借りて緊張状態を説くことで、寝付きを良くする作戦だ。

寝酒をするのは、眠れないからだろう。
しかし、寝酒を続けていれば、慢性的な睡眠不足に陥りかねない。

睡眠の質の改善し、1日の疲れをとるためにも他の方法で寝付きを良くする必要がある。

 

スポンサードリンク

寝酒を止める方法を紹介

さて、寝酒を止めるにはいくつかの方法が考えられる。

いろいろ試す中で、少しでも自分の寝酒依存を減らしていく必要があるだろう。

寝酒を辞める方法として

1,寝酒の時間をだんだんと早めていき、夕飯時や夜の早い時間帯にお酒を飲むだけにする

2,寝る前には、酒ではなく白湯に変える

3,なかなか寝付けないときは睡眠薬を処方してもらう

4,生活習慣全体の見直しをはかって、眠れるように頑張る

5,心療内科を受けてみる

6、ヨガをはじめてみる

などが考えられる。

他にも寝酒を止める方法は考えられるかもしれない。

まずは、寝酒をやめようということを考えるところからはじめよう。

寝酒をやめると、もっと快適な生活が待っている。

睡眠不足改善の第一歩として、寝酒の習慣を改めて頂きたいと思う。

ヘルスケアの看板娘

みほこ

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top