熊谷うちわ祭り(2015)の屋台は7月21日22日の2日だけ!男は屋台を求めてデートに行こう。

「関東一の祇園」と言われるうちわ祭りが7月20日、21日、22日の三日間盛大に行われる。

祇園というのは、京都の祇園から来ており、うちわ祭りは京都の祇園祭の流れを組む祭りとなっている、

そして、祭りといえば屋台である。屋台を楽しみに祭りに行く人が多いだろう。

しかし、熊谷うちわ祭りでは、案内されているすべての行事において屋台がでるわけではない!

その点、注意が必要である。

スポンサードリンク

熊谷うちわ祭り(2015)の屋台は7月21日22日の2日だけ!

2015年の熊谷うちわ祭りで、屋台が出店する日にちは、

7月21日

7月22日

の2日間である。

したがって、この日以外に熊谷うちわ祭りに行ったとしても、屋台にはありつけない。

しかし、公式サイトによると、

「20日・PM1:00?8:00まで、駅西通り商店街が歩行者天国になります。露店も出店予定です」

ということだ。

7月20日はせっかくの休日なので、商店街の歩行者天国の露店で楽しんでもいいだろう。

 

スポンサードリンク

熊谷うちわ祭り(2015)の屋台の出店時間は、21時まで。

熊谷うちわ祭りでの、屋台の出店時間は21時までとなっているようだ。

確かに、夜中まで屋台を出していても時間帯が遅くなればなるほど暴走する人が現れる可能性がある。
このような屋台出店規制が、次回のうちわ祭りの開催につながるのだろう。

さて、熊谷うちわ祭りの見所

熊谷うちわ祭りの見所を紹介する。

まず、7月20日の『初叩き合い』である。

これは19時から行われるということであり、全町の山車と屋台が集まって叩き合いをする。
場所は熊谷駅北口・東口である。

三日間の祭りで最初の叩き合いだが、最初っから最高潮の叩き合いが見られ、
雰囲気は迫力満点である。

熊谷は、全国でも気温が高いとして有名な地域だが、さらに気温も体温も高まること間違いなしだ。

そして7月21日の巡行祭。
13時から開始されるのだが、平日にもかかわらず大混雑が予想される。
大混雑ということは、それだけ盛り上がっているということである。
山車や屋台だけでなく、ダンスや演舞も披露されるということで、ますますの盛り上がりを見せるのである。

それから7月22日の曳き合わせ叩き合いでクライマックスを迎える!
時間は20時30分から21時40分頃で、場所は行宮である。

とにかく迫力・迫力・迫力ということである。

この日のために、うちわ祭りの実行員たちは練習をしてきたの違いない。
人々に迫力と感動が伝わること間違いなしだ。

 

 

駐車場

ちなみに、うちわ祭りでは周辺で無料の駐車場を用意しているようである。
市役所やイオンなどにあるようだが、かなり混雑するので、
無料駐車場は使えないと考えたほうが無難であろう。

ニュースウオッチャー
けいたろう

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top