おいでん祭の穴場!2015年に花火をみるなら男はここにエスコートせよ!

豊田のおいでん祭は毎年7月の最終日曜日にある。
このおいでん祭はとても人気で、東海地方最大のお祭りとも言われる。
開催日と時間は、2015年は7月26日の19:00~21:00で、
開催場所は、愛知県豊田市白浜町の矢作川河畔と白浜公園一帯ということで
かなり大規模な花火大会になるのは間違いない。

今年は台風は大丈夫なのだろうか?

ちょっと心配ではあるが、そんな人気な花火大会だからこそ、花火を見るための場所取りも大変!

そこできょうはおいでん祭の穴場を紹介する。

スポンサードリンク

おいでん祭をじっくりみたいなら有料の協賛席へ

おいでん祭の穴場といっても、本当にゆっくり見たいなら

『有料』

で行くべきだ。

おいでん祭は協賛席ということで、お金を払えば最高の場所を用意してもらっている。

おいでん祭りの迫力は全国有数であるため、お金を払ってもいいという人は多いだろう。

映画館のような迫力を実感したいなら、ぜひお金を払っていこう!

その金額は47000円。。。一生に一回はこれだけ払って言ってもいいかもしれない。

ただし、市街に住んでいる人は直前に配布される。予約はできないということだ。

やはり無料の穴場を探しておく必要があるだろう。

 

スポンサードリンク

おいでん祭の穴場へ。無料でみるならここ!

次におすすめなのは、

『とよしん本店前の城址公園』

である。

ここは花火も綺麗に見えるだけでなく、空いている!

けっこう空いている。

そしてトイレが近くにある!

さらには、露店も出ていることがある!

これはかなりのおすすめである。

但し、最近この穴場スポットは人気になりつつある。

少し早めに行って席をとっていたほうがぶなんであろう。

次は、久澄橋周辺がおすすめである。 地元の人も多く集まり、人気の穴場である笑 団体で花火を見るときは、ちょっと席が見当たらないかもしれないが、個人やカップルでいくなら、席の確保はしやすいであろう。 花火の迫力も体感できルのでおすすめである。

それから、白浜公園の芝生広場もおすすめである。

おいでん祭りの花火大会の雰囲気を味わえればいいという人は、
ここでのんびり花火を見るのはありだ!

さて、花火をたのしむもので必要なのは、

虫除けスプレーである。

虫がすでに出てきているので、虫対策はしっかりして、

おいでん祭りの花火大会を楽しんでもらいたいと思う。

台風は大丈夫かな?

 

 

ニュースウォッチャー

けいたろう

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top