アディポネクチンを増やす方法と食材!男たちは内臓脂肪を減らせ

アディポネクチンを増やす方法と食材!男たちは内臓脂肪を減らせ

アディポネクチンというホルモンを聞いたことがあるだろうか?
最近話題になっているホルモンということだ。

林修の今でしょ講座という番組でも紹介されていた。

これは、中性脂肪を分解し、体を太りにくい体質にするという。

今でしょ講座だけでは、どうして太りにくい体質になるのかがいまいち分からなかったため、
ここでは、さらにアディポネクチンの効果をみて、アディポネクチンを増やす方法と食材をみていこう。

 

スポンサードリンク

アディポネクチンの効能

アディポネクチンというのは、体内で生成され放出されるホルモンである。
これ自体は外部から取り入れるということはできないようだ。

アディポネクチンのホルモンは体内において

血管修復、中性脂肪の減少、抗ガン作用、、コレステロールの正常化、

などといった作用があるため、

メタボリックシンドロームの改善や、生活習慣病の予防、老化防止、血栓予防、高脂血症予防

心筋梗塞の予防、高血圧の予防、脳卒中の予防

といった効能が期待されている。

 

スポンサードリンク

アディポネクチンを増やす方法と食材

アディポネクチンを増やす方法は、内臓脂肪を減らすということである。

内臓脂肪が増えると、体内のアディポネクチン減少し、
内臓脂肪が減ると、アディポネクチンは増加するという関係にあるということだ。

そこでアディポネクチンを増やす方法というのは、内臓脂肪を減らす方法であることがわかった。

内臓脂肪は体内につきやすく、しかし、運動などにとりくめば減りやすい脂肪だということがわかっている。
毎日の運動や食事にこころがけて内臓脂肪を減少させることが必要である。

たとえば、全身の筋肉の七割が下半身にあるため、
下半身の筋肉トレーニングをすると、内臓脂肪をもやすのに効果的だという。

ぜひ取り組んでみて欲しい。

さて、次にアディポネクチンを増やす食材についてである。

アディポネクチンを増やす食材は以下の様なものがあげられている。

マグネシウムをよく含む食品。
食物繊維。
EPA(サバなどの青魚、マグロ)
大豆タンパクが摂取できる豆腐など。
酵母(ビール酵母など)。

ただ、詳しいことはわかっていないところもおおく、
アディポネクチンの研究は現在も勧められており、今後あらたな研究成果を期待する。

ここまで見てきて思うのは、やはり内臓脂肪を減らすような生活、
つまり規則正しい生活をしていることの重要性が科学的に証明されてきているということだろう。
運動や食事によって、アディポネクチンというような体に善いホルモンが放出されている。
アディポネクチンなどのホルモンなどが発見されたことで、
規則正しい生活をすることが健康につながっているということが、目に見える形でわかってきた。

あとはわたしたちがどれだけ実践するかにかかってきているのだろう。
少しでも健康的にいることが、男らしさを保つ土台であることに間違いはない。

 

ヘルスケアの看板娘

みほ

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top