トランザム高橋伸明の死因はなに?胃潰瘍は死につながることもあるが。

ロックバンド、トランザムの高橋のぶこと、高橋伸明さんがなくなった。
65歳という若さだった。
高橋伸明さんはライブハウスを持つことを夢にしていたが、
そのライブハウス開店直前に倒れたということだ。

死因についてはわかっていないようだ。

 

スポンサードリンク

トランザム高橋伸明の死因について

トランザム高橋伸明さんの死因は公表されておらずわかっていない。
高橋のぶさんの持病は胃潰瘍があったということだが、胃潰瘍とこの高橋のぶさんとの急死は関係有るのだろうか?

胃潰瘍であっても死にいたることがあるという。
出血性胃潰瘍というのがあり、これは死に結びつくことがある。

以前は胃潰瘍で亡くなる人も多かったという。
胃壁には大きな血管があり、それが潰瘍によって傷付けられると大量に出血するということだ。
その場合は、吐血などをしてしまい、昔のひとは多くこの胃潰瘍になって死亡していたという。

今日では胃潰瘍と聞いてもストレスで胃を痛めた程度でしかないと考えがちであるが、
実は急性出血性胃潰瘍で亡くなる人はいるという。

今回トランザムの高橋伸明さんはとくに出血していたということはなく、倒れていたという情報だけであるから
出血性の胃潰瘍ではないと考えられる。

胃潰瘍ということは、ストレスを抱えており、それが原因となったのかもしれない。

脳出血や急性心不全なども考えられる。

 

スポンサードリンク

トランザム高橋伸明さんの死を悲しむパ・リーグファン

トランザム高橋伸明さんといえば、個人的には、この曲

『白いボールのファンタジー』

を思い出す。

プロ野球のパシフィック・リーグのテーマソングである。

これまでプロ野球界はいろいろな問題が起き、チームの合併消滅など
多くの悲しみを乗り越え、今日まで来ている。

そのようなパシフィック・リーグを支えてきた曲だと思う。

高橋のぶさんの渋い声で歌うこの歌が聞けないというのはとても寂しい。

現代での65歳での死は早過ぎるように思える。
まだまだ多くの夢を抱いていたの違いない。

これからのパ・リーグの活躍を期待しながら、
今日は白いボールのファンタジーをゆっくり聞いて見ようと思う。

青空に輝く      スタジアム
フィールドに浮かぶ  ユニフォーム
子供のころに     夢見た姿は
今も昔も       変わらぬままさ

白いボールの     ファンタジー
流れる雲に      こだまする

その名は その名は  パシフィック
我らの 我らの    パシフィックリーグ
我らの 我らの    パシフィックリーグ

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top