レジスタントスターチはパンやそうめんでも!男性も冷えた炭水化物を摂取してダイエット

レジスタントスターチはパンやそうめんでも!男性も冷えた炭水化物を摂取してダイエット

レジスタントスターチによるダイエットが話題になっている。
特にレジスタントスターチにおいていは「おにぎりダイエット」として、
おにぎりを冷やして食べることを推奨されている。

ただレジスタントスターチというのはパンやそうめんでも効果的だということだ。
冷製パスタなど女性が好みそうだが、男性も積極的に冷えた炭水化物をとって
ダイエットや健康維持につとめたい。

 


レジスタントスターチの意味と効果

レジスタントスターチというのは、
resistant(消化されにくい)
starch(でんぷん)
ということで、レジスタントスターチダイエットというのは、
炭水化物を消化されにくいでんぷんのまま摂取しようというダイエット方法をいう。

このレジスタントスターチとよばれるでんぷんを摂取する効果はダイエットにとどまらず
健康面においてもとても効果的だという。

どういう効果があるかというと、

便秘解消 (消化されずに腸まで届くので食物繊維のような働きをする)
腸内清掃 (腸まで届いたでんぷんが善玉菌のエサとなる)
肥満予防 (血糖値の上昇を抑えてインシュリンを抑制し脂肪がつきにくくなる)
ダイエット (カロリー摂取の抑制・空腹感を抑制)

などが考えられる。

レジスタントスターチは積極的に行うべき食事のようだ。

 

 


レジスタントスターチは炭水化物を冷やせ!パンやそうめんでも

レジスタントスターチという効果を期待するには、炭水化物を冷やすことが勧められている。

特におにぎりを冷蔵庫で冷やして食べることで、おにぎりの炭水化物がレジスタントスターチというでんぷんになり、
レジスタントスターチを摂取する事が可能になる。

ただし、急激に冷やしても効果が少ないため、冷凍庫ではなく冷蔵庫のほうが良いようだ。

同様にパンやそうめんなど小麦粉を使った食品であってもレジスタントスターチ多く含まれるという。

そのため、パンは一度冷蔵庫で冷やして食べたほうがレジスタントスターチを摂取することができる。

またそうめんも冷やして食べることでレジスタントスターチを摂取することができそうだ。
そうめんの場合はカロリーが高いと言われていたが、特に夏になると冷やして食べることが多い。
そのためか、これまでそうめんを食べ過ぎて太ったということはあまり聞かなかった気がする。

パンについてはあまり冷やさないと思うが、これからは積極的に冷やして食べることをオススメする。

また外食した時など温かい食事か冷たい食事か迷った場合は積極的に冷たい食事を選ぶのはありだろう。
女性がよく食べる冷製パスタもレジスタントスターチを摂取するにはお勧めだ。

ただし、冷たいものばかり食べてお腹を冷やし過ぎないように気をつけなければならないのは
当然である。

ヘルスケアの看板娘

みほ

 


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top