インプットとアウトプットは同時にする!男のための学習法

学習。

これは未成年の子供だけがしていることではない。

最前線のビジネスの舞台においては、とにかく素早く知識を吸収し、実際に現場で活用させなければならない。

学習というのは、生涯必要になるスキルだ。

そのための学習法が世間では沢山語られているが、記憶するために必要なのは2つのことである。
様々な学習方法もこれらを工夫しているに過ぎない。

そこでMEN’SREAL流の学習方法としては、このインプットとアウトプットというのを同時にやっていく
というのを提案する。

スポンサードリンク

インプットとアウトプットと別々だった学生時代

学生時代には、多くの子どもたちはインプットとアウトプットを別々に考えていた。

「インプットしてからアウトプットをしなければならない」

「インプットは読書、アウトプットは試験」

こんな認識をしている人が多いだろう。

そしてこのように理解している大人も多いように思う。

スポンサードリンク

ビジネスではインプットとアウトプットは同時

しかし、社会に出てビジネスをするようになってから、そんなインプットとアウトプットについて別々に時間をとってすることができなくなった人ばかりだ。

それにもかかわらず、学生時代よりもあきらかに仕事の知識を素早く吸収し活用している人が多い。

それは何故だろうかと考えた時、インプットとアウトプットを同時にすることが余儀なくされているからではないかと、考えられるのである。

仕事で新しいことを教わったら(インプット)すぐにその場で使わなければならない(アウトプット)。
一度で覚えていなければ、ミスして怒られ、またすぐにインプットとアウトプットを余儀なくされる。

このように、インプットとアウトプットを同時に行うということを、常に行っているため、新しい知識をすぐに吸収し、それから長期的な記憶になっているのである。

アウトプットをメインにする仕事の効率が上がるということはよく聞く。
アウトプットすれば、自分の知識の不十分なところが確認できるためさらに知識を入れようという意欲が出てきたり、アウトプットすることで知識が整理されるから記憶に定着しやすいというのだ。

アウトプットメインというのもいいが、私はそれならインプットとアウトプットを同時にすればいいと考えるのである。
いつも仕事中にやっていることを学習に取り入れるのである。

たとえば資格試験のために参考書を読んだならば、すぐに説明できるようにアウトプットしたり、知識が活用される場面を具体的にイメージするのである。

これによって、インプットとアウトプットという切り替えの時間を短縮でき、効率のよい学習ができるのだ。

もちろん、一回で知識を習得できないことのほうが多いだろう。
忘れてもいいから、何度もインプットとアウトプットを同時に行うくせをつけると強い。

これまでのインプットとアウトプットを別々にする学習法の癖が抜け切れないかもしれないが、何度も意識してインプットとアウトプット同時に行うことをやってみてほしいとおもう。

これは忙しい男性のための学習法である。

ビジネススキル担当

ウイング・つばさ

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top