大久保佳代子のマラソン練習はイケメントレーナーと一緒!男性への欲求で力を出すか

27時間テレビでマラソンランナーに選ばれた大久保佳代子さんは、当然ながらずっとマラソンの練習をしてきた。
いまだにマラソンのコースは不明だが、練習場所はジムなどの室内も多かったようだ。
今は何処走ってるのだろうか?

そういえば大久保佳代子さんのマラソンの練習のトレーナーはイケメンだという。
一体どんな人なのだろうか?

 

スポンサードリンク

大久保佳代子のマラソンの練習に付き合ったイケメントレーナー

大久保佳代子さんのマラソンの練習に付き合ったトレーナーは、公開はされていない。
ではなぜイケメンだとわかるのか?

それは大久保佳代子さん本人がツイッターで言っていたからだ。

「マラソン練習して、付いてくれてるイケメントレーナーに

「お酒は、2杯まで」と強めに言われた。

生活を縛られる感、イヤじゃないよね。」

とツイッターで呟いている。

43歳の体にムチを打って練習しているかとおもいきや、イケメントレーナーを原動力に頑張っている姿が目に浮かぶようだ。

といっても、実際はけっこうハードなメニュ-をこなしているはずである。

最近では疲れがたまってきて、男性に対する欲求が出てこなくなった、と漏らしていたようだ。

さすがにこの状態が続いてしまうと、大久保佳代子さんの芸風や魅力が失われてしまうような気がする。
はやく、27時間テレビで88キロのマラソンを走りきって、また欲求不満のキャラクターを取り戻してほしいと思う。

 

スポンサードリンク

さすがプロのお笑いタレント

大久保佳代子さんは27時間テレビで走っていたが、さすがお笑いタレントというか、今日は歌手の堀ちえみになりきって、そして本物の歌手の堀ちえみと一緒に歌いながら走っていた。

まだスタート地点を出発してからあまり時間が経っていないとはいえ、歌いながら走るというのはかなり体力を消耗したというのはまちがいないであろう。

以前加藤浩次さんがマラソンに参加した時は、加藤浩次さんは完走出来なかったが、それは途中で様々な邪魔や障害物が入ってきたため、それらをこなしながら乗り越えながらのマラソンだったからだ。

ただでさえ長時間で長距離を走り抜かなければならないにもかかわらず、歌いながら走るというのは体力の温存という作戦ではないというのがわかる。

これは本気で芸人をやりながら88キロを走りぬくというのだろう。

大久保佳代子さんが歌いながら走っているというのは、視聴者としては面白かったとおもうが、陸上経験者のわたしから見たら、流石流石と感心せずにはおれなかった。

これがやはりプロのお笑いタレントの本気ということなのか。

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top