能町みね子の性別はオネエではない!テレビ局の感覚に疑問

能町みね子さんの性別は現在は女性である。
というのも以前は男性であったというのだ。

筆者は「ヨルタモリ」という番組を欠かさず見ているが
そこではじめて能町みね子さんの存在をしった。

そして能町みね子さんは女性だったと思っていたし
それで正しかった。

ただ過去をみれば元男性だというのだ。
ただそれだけのはずが、テレビ局はそうとは見ていなかったようだ。

 

スポンサードリンク

能町みね子の性別はオネエではない

能町みね子さんが日テレの「今夜比べてみました」という番組の中で
『オネエ』というカテゴリーに入れられたとして、抗議をしているという。

オネエという言葉は、女性のマネをする男性や、女性のように振る舞う人や
同一性障害、性転換手術をした人など幅広く適用されている。

今ではテレビ番組などでも当たり前のように使われているが、
その使われている意味としては果たしてクリーンなイメージだろうか。

筆者に限らずこの言葉にクリーンなイメージを抱いていない人は多いだろう。

それを感じていた一人が能町みね子さんだ。

今回のことはテレビや芸能界で少し大きく取り上げるべきではないだろうか。

芸能界ではオネエであることを売りにしたり、笑いに変えたりしてお金にしている面がある。
芸能人なら、いくらでもオネエとして指摘され、笑われるメリットがある。
この場合オネエと呼ばれることに喜びすら感じるかもしれない。

ただ、これが一般人に適用されたときはどうだろう?

一般社会の中で、オネエと言われた人は果たして喜べるのだろうか?
オネエと呼ぶことは、ほとんどの場合その人の見た目や性格を馬鹿にしているのである。
馬鹿にしているから笑えるのである。

オネエと呼ばれた一般人は傷つかないのであろうか?

相手の見た目や人格を笑うことがそんなに面白いことだろうか?
こんな感覚を持っている人はきっと少なくないはずである。

テレビを見ていても人を馬鹿にして簡単に笑いを誘おうとする。
それは芸能人にとっては生きていくうえで必死だからなのかもしれないが、
それをみた子供たちの影響などを考えないのだろうか?

デブだ。ハゲだ。バカだ。と平気で発言する。

テレビの中には差別が横行している。
当然のように横行しているため、感覚がマヒしていると思う。

 

スポンサードリンク

能町みね子さんの抗議の妥当性

能町みね子さんは、女性として生きていた。
ヨルタモリでもオネエとして振舞っていない。
あくまで女性として生き、そして女性として発言し、女性として笑っていた。

そんな能町みね子さんは簡単に「オネエ」としてひとくくりにしたそのテレビ局の感覚は
きっと悪気がないはすである。
悪気なく人を差別していく。

これを公共の電波で平気でやっているのである。

本当にこんなことえいいのだろうか?
テレビ局の在り方はこれでいいのだろうか?

テレビの発言で多くの人が泣いている事実を自覚してもらいたい。
テレビによってどれだけの人が傷ついて生きにくい世の中になっているか知ってもらいたい。
テレビの自浄作用はこれからも働かないままなのだろうか・・

たとえ筆者の考え方は固いといわれても
筆者はこの感覚をこれからも忘れたくない。

 

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top