腸内フローラの善玉菌を増やす食べ物はヨーグルトだけではない!

NHKスペシャルで腸内フローラについて報道される前から、「腸内フローラ」が研究者の間で高い注目を浴びていた。腸内フローラのバランスを整えることで全身が健康になるという。さすがNHK、抜かり内早さでの情報提供である。

腸内フローラのバランスを整えたり、善玉菌を増やす食べ物は、ヨーグルトだけではない。

スポンサードリンク

 

腸内フローラとその影響・効果について。

腸内フローラを「増やす」、腸内フローラの「増やし方」と言い方をしているが、これは不適切な表現である。

腸内フローラとは、腸内には100兆以上もの最近が住んでおり、その細菌群、つまり細菌たち全体のことを腸内フローラというのである。フローラとは植物の集まりのことを指すので細菌フローラということで細菌たちの集まりのことを言う。

腸内で細菌たちが生態系を営んでいるのである。まるで地球上で生物が共存しているかのようだ。

だから腸内フローラを増やすと言った場合、腸内細菌全体を増やすことを意味する。

大切なのは腸内フローラのバランスを整えることであり、腸内細菌増やすことは必ずしも良いことではない。たとえば善玉菌と悪玉菌はどちらも腸内には必要な細菌であり、この細菌たちの良いバランスを保つことが重要なのである。

したがって、腸内フローラに良い影響を与えるような食べ物というのは、腸内フローラのバランスを整える食べ物である。

腸内フローラのバランスを整えた場合の効果を簡単に述べると、便通の改善だけでなく、肥満改善、ダイエット効果、倦怠感の改善、免疫力の向上、ビタミンの生成、さらにはうつ病にも影響するという。腸内フローラが脳の作用に影響するという研究発表がある。今まで知られていなかったが腸内フローラは全身に良い影響も悪い影響も与えているのである。

スポンサードリンク

腸内フローラの善玉菌を増やす食べ物など

腸内フローラにおいて悪玉菌よりも善玉菌を増やすことはバランスを整える上で重要である。

善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を増やす食べ物は、善玉菌を含む食べ物である。

具体的には、漬物や味噌、ヨーグルトなどの発酵食品や、牛乳など。

悪玉菌を殺すことで善玉菌が増えます。悪玉菌を殺す作用のある食べ物は、納豆菌を含む納豆である。

また善玉菌の餌となる食べ物も善玉菌を増やす。

具体的には、オリゴ糖・グルコン酸を含む食べ物であり、はちみつや酢などがこれにあたる。

牛乳に関しては食事として健康によいのか見つめなおす必要がある。

特に日本人は牛乳などの乳製品が身体に合っていない人がいるため、牛乳を飲んで本当に体調がよくなっているのか、むしろ悪くなっているのではないか、自分自身で判断する必要がある。身体の変化に向き合いながら食べ物を選択するということが、腸内フローラの改善に必要なことである。

これからますます腸内フローラには注目が集まるであろう。

腸内フローラのバランスが整うような食生活を心がけたい。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top