返報性の法則を恋愛に活用する方法を記す!

今回は恋愛学のうち返報性の法則について記す。愛という感情はどういう感情だろうか。無償の愛という言葉があるようだが、そんなものはほぼ幻想だと思ってくれていい。相手に無償の愛を求めるということは、相手から見ればそれは無量の愛を奪われていることにしかなっていない。相手に無償の愛を請う前に自ら愛情を差し出せ。

今回は相手から限りなく愛を奪うことを防ぐためいに、返報性の法則と言うものを理解してもらう。

スポンサードリンク

返報性の法則とは

今回は「返報性の法則」について知ってもらう。返報性の法則とは、与えられるとなにかお返ししたくなるという性質である。これは日常生活でも至るところで使われている法則だ。私たちは無意識のうちにこのような法則で動いていしまう。

たとえばあなたがパソコンを買おうと思ってお店に入るとすぐに店員さんにパソコンについて詳しく質問した。そうすると店の店員さんは自分が思っていた以上に丁寧な言葉遣いでしかも詳しく時間が許す限りパソコンの性能について教えてくれた、とする。

そんな時とあなたはどう思うか?店員さんを好きになる?ちがう!そうではない。別に好きになっても構わないが、その店員さんからついパソコンを買いたくなってしまうということだ。さっきまでは購入する気持ちなど全くなかったが急に今この店員さんからパソコンを買いたくなるということがあるだろう。

こういった経験は食品売り場や洋服売り場でも経験したことがある人は多いはずである。

何故こういう気持ちになったかというと、返報性の法則がかかわってくる。私たちは何かを受け取るとそれをタダで受け取ることは申し訳なくおもい、何かで返したくなってしまうようだ。

先ほどのパソコン購入の例で言えば、あなたは店員さんから沢山のものをタダで受け取っている。たとえば店員さんの時間だ。店員さんはあなたのために仕事の時間を費やしてくれている。次に情報だ。あなたは店員さんからパソコンについての情報を苦労せず無料で手に入れることができた。(さらには店員さんの笑顔などもあるかもしれない。)

このようにあなたは何かを受け取ることでこの店員さんにお返しをしようとして、パソコンを買いたくなるということを、返報性の法則というのである。

スポンサードリンク

返報性の法則を恋愛に活用する。

返報性の法則は、相手がよっぽどあなたのことが嫌いだ、避けたい、喋りたくないなどと考えていなければ、誰にでも当てはまる法則である。これが当てはまらない人というのは、自分のことが嫌いか、相手の人格に難ありだからやめた方が良いだろう。

返報性の法則の注意点は、相手に何かを与えるときは見返りを求めないということだ。いちいち見返りを求めていたら、相手はあなたの見返りのついたプレゼントの重さに潰れてしまう。したがって相手はあなたのプレゼントを受けとらなくなるだろう。
また、常に見返りを求めていると見返りが帰ってこない場合にあなたの怒りが爆発する。いきなり怒られても相手からしたら理不尽な話だ。相手はあなたにプレゼントをたのんでいるわけではないからだ。
さらに高価なもの・大きいものを与え過ぎないことだ。高価な物質を与えたり、与えることで無理をすればするほどその見返りになにも帰ってこない時、あなたの精神は穏やかではおれなくなるだろう。見返りを求める心は、なくそうとおもってもつきまとうため、膨張させないようにすることが大事なのだ。

さて、では返報性の法則は恋愛においてどのように活用すればいいのか。

まずは、あなたが相手に対して心を開くということが重要である。あなたが心を開くということで、相手もあなたに心をひらきやすくなるということだ。たとえばあえて相手に相談事を持ちかけて信頼をしてみる。そうすると相手もあなたとの距離が近くなったと感じて信頼してくれるだろう。

次に笑顔や優しい言葉をかけるようにする。相手はその笑顔や優しい言葉を受け取ることで癒されるだろう。そしてそのお礼として相手も優しい言葉や笑顔を与えてくれるかもしれない。

さらに、缶ジュースを奢ってみるのはいいだろう。あまり高くない。相手も自分でも払える。でもそのちょっとした優しさを受け取るだけでもかなり大きな優しさに感じるものだ。相手が缶ジュースを奢ってくれる時は、大いに喜ぼう。そしてお礼のメールを簡単にしておこう。あなたは缶ジュースを受け取ったが、相手はあなたの喜んでいる姿に満足し、さらにお礼メールを喜ぶ。

できるなら相手のことが好きということを伝えることができればGOOD!最初はLIKEということを伝えておき、いつかLOVEであることを伝えるところまでいきたい。

みんな自分のことを好きでいてくれる相手のことを好きになるのである。自分のことを嫌いな相手を好きになるということはほとんどない。好きと伝えられることで相手の好感度はあがるであろう。

関係性や時間や場所によっても返報性の法則の効果は変わってくるがぜひ活用したい法則だ。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top