LINEによる恋愛の駆け引き術について! パート1

恋愛を成就するにあたり相手とコミュニケーションをとるために必要なツールは『LINE』である。
最近では自分のメールアドレスを作成していない者までいる。それくらいLINEというのは今や重要なツールであるからこれを攻略することで恋愛の成就の可能性を高めたい。

登場人物は、「あなた」と「愛しのK子」である。さぁ今日の講義をはじめよう。
今回はパート1である。

パート1ではいささか抽象的・概念的な話が多い。
これはLINEするときの心がけについてだと思っていただきたい。

スポンサードリンク

 

 

ポイント1 K子がどんな性格かを見極める

LINEをする上でこれができれば、自ずと自分が書くべきLINEの内容は決まるのであろうが、
まず大事なのはK子がどんな子なのかを見極めなければならない。

見極めることは、そもそもK子がLINEを使うことを嫌いじゃないかである。こんなご時世でもLINEを嫌う女の子はいるのである
もしそんなK子がLINEを嫌がっていればK子の気持ちを尊重してあげよう。すぐにメールに切り替えるのだ。
K子がLINEを使うのであれば、このまま話を進めよう。

ポイント2 自分を知る

自分の性格を知る。これは、あなたはLINE上で無理して木村拓哉のような振る舞いをしてはいけないということだ。
あなたはLINE上で木村拓哉のようなふるまいをすればするほど、あなたは自分で自分の首をしめることになる。
無理というのは長続きしないし、相手にも不評だからだ。
あまりおすすめしない。

ただもし自分が木村拓哉の振る舞いが似合っていればするべきである。自分に木村拓哉の振る舞いが似合うかはあくまで第三者の意見を大事にしよう。
友人から一度でも木村拓哉が似合うと言われたことがあればやってみてもよいだろう。

ポイント3 あなたの中にK子のイメージを作り上げていく

あなたはLINEによって、物理的な距離をものともせずコミュニケーションをとることができる。
しかしLINEでは相手の表情や声の抑揚という情報を得ることができない。
それならあなたの中にK子のイメージをつくりあげていけばいい。今怒っているとか、喜んでいるとかイメージをつくりあげて
K子と会話するようにLINEするのである。そうすることで相手の情報を機微を感じ取るのだ。

どうやってイメージをつくり上げるかというと、LINEのスタンプや言葉の節々から読み取るのである。
ちょっとだけなぜこんな表現にしたのか、なぜこんなスタンプをおくってきたのかというのを考えるのである。
その理由が想像できるようになれば、あなたの中にK子さんをつくり上げることができるだろう。

ポイント4 感情的なLINEはおくらない。

あなたの精神状態は常に安定しているとは限らない。財布を落とした。病気になった、あなたの生活環境において様々な問題が生じるだろう。
そんなときあなたはついK子に向かって「つらい」「さみしい」などのLINEを送ってしまうかもしれない。
しかし、あなたの同じくK子の精神状態も安定していないはずだ。K子のテンションが低いときにそのようなメールを送られてもイラッとするだけだろう。頼りない奴だと思われてしまうかもしれない。
どんなにつらくても男なら我慢だ。もしくはK子以外の信頼のおける友人にLINEをしよう。

スポンサードリンク

ポイント5 グレーゾーンで戦わない。

あなたはK子さんとLINEをするときの話題の内容で「グレーゾーン」で戦っていないだろうか。
グレーゾーンとは人によっては話題に出したくない内容のことである。K子さんが話題に出したくないよう、特にコンプレックスである。
体重とか、体格とか、ホクロとか、肌とか。人によっては話題に出してもいいが、人によっては話題に出したくないような内容は
できるだけ避けるようにしよう。ギャンブルのような会話をしていると、K子の地雷を踏む可能性がある。

ポイント6 堂々とする。キモいって言われても堂々とする。

LINEで大事なのは堂々としていることである。おどおどとメールしない。
自信を見せる。キモいって言われても堂々とする。
おどおどしているよりも堂々としていたほうが相手の評価は高い。

ポイント7 LINEの最初は勇気がいる

LINEを最初におくるとき勇気がいるだろう。何か理由を探すだろう。
しかしそんなLINEをする理由なんてなかなか見つかるものではない。
LINEの一通目はもう勇気を振り絞るしか無い。覚悟を決めるしか無い。
これから理由もなくLINEをすることが多くなる。最初の一回でつまずいているわけにはいかない。

K子にとって『LINEをいつも送ってくる人』になれ。
当然のように送ってくる人になれ。
LINEがなくなってさみしいと思われるひとになれ!

続く。

スポンサードリンク

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 恋愛を成就するにあたり相手とコミュニケーションをとるために必要なツールは『LINE』である。 最近では自分のメールアドレスを作成していない者までいる。それくらいLINEというのは今や重要なツールであるからこれを攻略することで恋愛の成就の可能性を高めたい。 登場人物は、「あなた」と「愛しのK子」である。さぁ今日の講義をはじめよう。 今回はパート1である。 パート1ではいささか抽象的・概念的な話が多い…[続きを読む] […]

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

News Headlines on twitter

Pickup News

Return Top